ビレッジハウス |入居までに必要な条件や書類を検証してみた。

ビレッジハウス |入居までに必要な条件や書類を検証してみた。

オペレーター

 

入居入居条件が甘く、家賃も安いことで注目の「ビレッジハウス 」
カンニングの竹山をさんをイメージキャラクターに起用したことでも話題になっています。
その「ビレッジハウス 」ですが、申し込みに必要な条件や書類関係は一体どういった物なんでしょうか?
このページでは「ビレッジハウス 」の入居に必要な条件や書類を説明していきます。

 

ビレッジハウスの公式ページはこちらです。

 

ビレッジハウスの契約までの流れ。

 

 

1、お電話又はフォームでお問い合わせ
  ビレッジハウスのWebサイトで希望の条件に合った物件を検索し、
  住みたい物件の問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

2お部屋・プラン選び
  ビレッジハウスでは、間取りを変更したプランやそのまま入居可能なプラン等、
  お客様のニーズに合わせたプランを複数用意しております。お客様のニーズ
  に合わせたプランをお選びください。

 

3、、内覧・見学
  内覧の日時を決め、物件を見学していただきます。実際の物件をご自身で
  確認していただきます。

 

4、お申込み・審査
  物件が気に入ったら、申し込みとなります。内覧時に必要書類をご持参いただくと、
  その日にお申込みが可能です。審査が通ればご入居可能となります。

 

5、ご契約・入居
  準備が整いましたら、いよいよご入居していただけます。
  抽選等はありませんので、空室があれば即入居できます。
※工事が完了していない場合は、ご入居をお待ちいただく場合がございます。

 

 

ビレッジハウスに申し込む際に必要な書類等は?

 

@ 印鑑(銀行届出印)
A 身分証 
   公的身分証
   運転免許証
   健康保険証
   住基カード
   在留カード(外国人)
   外国人登録証(外国人)

 

B住民票の写し(発行から3ヶ月以内のもの)

 

C 収入証明、 所得証明書、直近1ヶ月分の給与明細

申し込み時にAC1点ずつ契約時に@Bが必要です。
(ネットでの契約な場合@の銀行印は不要)
※審査状況により、上記以外の書類をご提出いただく場合もございます。

 

銀行印+住民票+収入を証明できる書類+その他公的身分証が必要ということですね?

 

 

ビレッジハウスの入居時に必要となる費用は?

@初月の賃料(日割りでの家賃。1か月を30日として計算)
A翌月の賃料
B火災保険料

 

ビレッジハウスは審査に落ちることはある?

ビレッジハウスの審査は、一般の賃貸の入居審査のようなきびしさはないようです。

 

・保証人なし
・在住外国人OK
・低所得者OK
・共益費不要
・敷金、礼金、仲介手数料は一切不要

 

ビレッジハウスのデメリットは?

・2年以内に解約した場合、違約金発生する。
・費用が安い分低レベルな物件が多い。
・交通に不便な地域が多い。

 

今なら契約者に最大3万円の引っ越しサポート+フリーレント1ヶ月!

オペレーター
そんなビレッジハウスが今なら、賃料1ヶ月分(上限3万円まで)の金額を 初回の請求より割引きサービスを実施しています。
家賃からキャッシュバック+カーテン&ライトのプレゼントなどで、合計3万円分のサポートがあります。
それだけではありません。フリーレント1ヶ月!
実質日割賃料のみでの入居ができ、初回の請求は4ヵ月目の賃料(3ヵ月目に請求)からというありがたいサービスです。
詳しくは、ビレッジハウスの公式ページで確認くださいね!
>>ビレッジハウスの公式ページはこちらです。

 

 

 

page top